かずえもんの気ままなブログ

かずえもんが思いついたことを気ままに書くブログです。

MCC品川とプログラミングLT2018に行ってみた感想

time 2018/10/15

みなさんこんにちは、お久しぶりです、かずえもんです。
相変わらず、久しぶりのブログ更新です🤔

今日の本題

さて、本題ですが、先日品川で合同開催されたMinecraft Coders Conference(MCC)プログラミングLT(PLT)に行ってきました。

Minecraftのイノベーターが、作る、話す、交流する。

Twitterでもたくさんつぶやかせていただきましたが、改めて感想を書きたいと思います。
MCC中心の感想になってしまうかと思いますが、ご了承ください。

そもそもMCCとPLTって何よ

MCC、PLTは、主にイベントサークル「N-Point」さんが運営しているライトニングトークのイベントで、知る限り、今年が初の開催となります。

ライトニングトークLightning Talks)とはカンファレンスフォーラムなどで行われる短いプレゼンテーションのこと。様々な形式があるが、持ち時間が5分という制約が広く共有されている。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ライトニングトーク

Connpassというサービスで参加者を募集しており、今年の参加者(事前申し込み)はそれぞれ30人程度でした。

## MCC2018って? Minecraft Coders Conferenceは、Minecraftで、MODやプラグイン開発など、プログラミングを用いた創作活動をしている方と、技 術共有や焼肉を通して...

んでどうだったのよ

すんげぇ楽しかったです。

イベントの詳しい内容はYoutubeとニコニコ生放送、あとTwitterにも写真が上がってますので割愛しますが、私がこれまでかかわってきたBEのサーバープラグイン以外の話が聞けたことが私にとって一番の収穫だったんじゃないかと思います。
今回のイベントを通して、プログラミング教育とマイクラのかかわり、登壇者の方本人とマイクラのかかわり、マイクラ以外のプログラミングの話など、これまで自分があまりのぞいてこなかった世界を知ることができました。

また、ライトニングトーク(LT)を実際に生で見れたこともかなりの収穫だと思います。
前からいろいろな場所でLTが行われていましたのは知っていましたが、「LTってどんな感じなんだろうね~」と思っただけで終わってしまっていました。
でも、今回は身近な”Minecraft”というテーマだったからこそ、気軽に行けたんじゃないかと思います。

この機会を用意してくださったスタッフの方々には大変感謝しています。

まとめ

書く時間がなかったので(※実は中間テスト中)イベントの細かい雰囲気などは書けませんでしたが、「もっとたくさん書きたい!」と思うくらい良いイベントだったというのは間違いないです。
来年はぜひネタを用意して登壇させていただきたいと思います。

最後まで見ていただき、ありがとうございました!

down

コメントする




プログラミング

マインクラフト

雑記

広告

書いている人

かずえもん

かずえもん

のんびり気ままにいろんなこと試してる学生です...()

最近のコメント